ごあいさつ

当サークルHPにお越し頂きありがとうございます!
ご依頼がありましたら個人・法人問わずお気軽にご相談ください!

■現在のスケジュール(2019/6/22現在)
6月23日(日)沼ラブ6参加

ご依頼についてはこちら

イラストができるまで

はじめに

ここでは簡単にイラストができるまでの流れをご紹介!
普段イラストを描かない人から見て、完成までにどのくらいの工程と時間がかかるのかが分からないことが多いかと思います。

当然描く人の作風(塗り方など)や技量によって変わってきます。あくまでの一例としてご依頼の参考にしてください!

 

ラフと下書き

まずはラフから入ります。
簡単に言うと、どんな絵を描くかざっくりと構図を決める段階です。

だいたいは棒人間を描くところから入ります。

大方の構図が決まったら、そのラフ(棒人間)に肉付けしていくように下書きを書いていきます。


(下書き段階)

白紙の状態から取り組むので、構図を考えるこの段階は結構時間がかかります!
絵描きさんに依頼などする際は、詳細なイメージを描く人に伝えてあげると時間短縮になるのでおススメします。

 

線画

完成した下書きを元に主線を書いていきます。


(線画 ぬり絵ですね 結構楽しい作業)

微修正をしながら線を引いていくので、下書きとは細部が異なることがあります。
衣装の細かさによって線画にかかる時間は増えていきます。こちらのイラストの場合は約1.5時間でした。

アクセサリー類が多かったり複雑な衣装だと倍はかかるかもしれません。

 

下塗り

完成した線画に色を塗っていきます。まさにぬり絵です。


色を塗ると言ってもご覧の通り、この段階ではまだまだ未完成です。
あくまでのベースとなる色を置くだけです。この工程は約30分です。

 

影入れとハイライト(仕上げ)

色々とまとめてしまいますが、まずは下塗りの上から影を入れていきます。
影入れをしつつハイライト(目や髪などの光)を描きこんでいきます。


おそらくここの工程が人によって変わります(厚塗りやアニメ塗など、塗り方によって影を入れる工程数が変わります)
こちらのイラストの場合、影は3段階入れています。

↑【影3(細かい濃い影)】
↑【影2(局所的なやや濃い影)】
↑【影1(広めの薄い影)】
↑【下塗り】

こんな感じに積み重なっているわけです。この場合の作業時間は約2時間でした。

 

背景と調整

キャラクターの色味を調整した後、最後に背景を描いていきます。

今回の背景は、空と雲は既存の素材を使用。それ以外はササッと手描きで。
簡単な背景なので、作業時間は約30分でした。

立ち絵(人物だけのイラスト)の場合は背景は描かずに、色の調整をして終わります。

 

完成!(まとめ)

以上をもってイラストが完成となります!

 

今回例に挙げたイラストの作画時間は約4.5時間でした。
ラフを考える工程も含めると約5.5時間です(多少短めに見積もってます)

たった一人のキャラクターを描くだけでも結構な時間がかかります。二人以上なら単純に倍々で作業時間が長くなると考えても良いです。

ここから仮に依頼料を計算するのであれば、時給2000円として 2000×5.5=11,000円 となります。
ただし最初の方にも書きましたが、イラストの画風や塗り方・密度・技量によって作業時間は増減します。依頼料の算出方法は絵描きさんによって異なるので、あくまでもある程度の相場の目安として参考にしてください!